沖縄飛行機チケット予約・電話番号
沖縄格安航空券・問い合わせフォーム
HOME > 沖縄の気候と服装

沖縄の気候

沖縄地方は、近海を黒潮が流れる暖かい海に囲まれて海洋の影響を強く受けるため、気候は高温で多湿であることが特徴です。国内の他地方と比べて温度差は小さく、年間を通して温暖な気候です。海から吹く風のため夏でも最高気温35℃以上の猛暑日となることは稀です。

沖縄の気候と服装

沖縄旅行の服装

沖縄旅行の服装|春

沖縄では、4月〜5月に本州の初夏に近いほど暖かくなってきます。沖縄県の県花であるデイゴは「初夏の訪れを告げる花」といわれていますが、3月下旬〜4月上旬にかけての時期に開花をします。沖縄の海水浴場では3月から4月にかけて各地で海開きが行われ、泳ぐことができるようになります。そんな春の沖縄での服装ですが、3月下旬以降であれば日中25℃前後になることも多く、半袖のTシャツやノースリーブで過ごすこともできます。ただし朝晩は20℃以下に下がることもあるので、長袖の上着なども用意しておくと便利です。4月以降は日差しや紫外線が強くなるため、サングラスや帽子なども持参しておくことをおすすめします。

沖縄旅行の服装|夏

沖縄では、6月20日前後に梅雨が明け、本格的な真夏に入り、30℃を超える日が続きます。沖縄での夏の服装は、涼しくて風通しの良い服を選びましょう。屋外では半袖に短パンで十分ですが、室内では冷房が効いていることも多いため、室内用の服を用意しておくことをおすすめします。沖縄は紫外線が強いため、帽子、日傘、サングラス、長袖や日焼け止めを塗っておくことも大切です。

沖縄旅行の服装|秋

沖縄では、10月に入った頃から台風の発生も減って、天候が安定しやすくなります。カラッとした晴れの日が多くなるので、観光向きなシーズンに入ります。沖縄での秋の服装は、晴れた日の日中は25℃前後と、まだまだ暖かい日差しが残るため半袖でも過ごせますが、日によっては肌寒く感じる日もあります。朝晩は20℃を下回ることもあるので、上着を用意しておくことをおすすめします。足元も徐々に冷え始めるため、サンダルやミュールでは多少肌寒いこともあります。

沖縄旅行の服装|冬

沖縄の冬は平均気温が17〜18℃で、ほかの地域に比べるととても暖かく、1月中旬頃には日本で一番早い寒緋桜(カンヒザクラ)が咲き始めます。ただし、海に囲まれている沖縄では、海からの強い北風が吹く日もあり、実際の気温よりも寒く感じることもあります。沖縄での冬の服装ですが、日中は長袖に薄手のパーカーなど羽織るものがあれば過ごせます。ただし、夜や海に出かけるときには、厚手の上着や風を通しにくい衣類が必要です。また、冬はホエールウォッチングのシーズンですが、クジラがいるポイントまで船の移動時間は寒いため、防寒具を用意してください。

沖縄観光情報

沖縄航空券ウェブ公式アカウント


facebook-クラブアペックス格安航空券 twitter-クラブアペックス格安航空券

ページトップへ